西村屋が提案する新しい食のブランド 西村屋が提案する新しい食のブランド

城崎温泉、但馬地方がもたらす自然の恵みを厳選し、旅館業で培ったおもてなしの心でお客様に届けたい。そして、日本の地方都市の豊かさを世界中に伝えたい。

そんな想いから、「さんぽう」は生まれました。日本のかまど神であり、城崎の三柱神社に祀られる「三宝荒神」、そして西村屋の心である「三方よし」の精神をあらわした言葉「さんぽう」。

但馬発の食文化を広める取り組みが、始まりました。

「さんぽう」のオリジナル商品は、但馬地方を中心に丹波、播州、京丹後などで育まれてきた食材、食文化、生産者にスポットを当て、この地域の豊かな風土を感じていただける品々を揃えています。

また、その価値を日本全国のみならず、世界や次世代へと発信することも目指します。

地域環境や生産者、なによりお客様に喜んでいただくことで、食を通じた「三方よし」の精神を体現して参ります。